PayPay銀行(旧・ジャパンネット銀行)

PayPay銀行のカードローンイメージ画像

昔は、ジャパンネット銀行と呼ばれていた銀行です。PayPay銀行に商号変更した銀行です。
※ 楽天銀行は、昔イーバンクと呼ばれていたネット銀行を吸収合併して今に至っています。

同行のサイトTOPページから「サービス」⇒「カードローン」で、またはTOPページからいきなり「カードローン」でも該当のページへ到達できます。

\ PayPay銀行へのリンク /
PayPay銀行

秋田秀一

元銀行支店長で最終経歴が個人ローン関連部門の部長職だった私が、PayPay銀行のカードローンについてわかりやすく解説します。

・アプリやATMでいつでも借入可能。
・アプリから申込みOK、仮審査・本審査あり。
・金利水準は、1.59%~18%(珍しく最高の金利が他行と比較して18%と高めになっています)
⇒ 極度額(限度額)の違いによって金利は変わります。
・利用限度額:100万円未満~1,000万円

実際の金利水準は変わることがあります。
最新のものはサイトにて直接お確かめください。

目次

PayPay銀行のカードローン

PayPay銀行に普通預金の口座があることが前提です。

【PayPay銀行のカードローンの概要】
金額:100万円未満~1,000万円
金利水準:1.59%~18.0%
毎月返済:3つの返済コースあり。「ゆとりコース」「標準コース(A)」「標準コース(B)」
⇒ 毎月1,000円~120,000円

【特徴】
・予想限度額と金利を「1秒診断」!
・初回借入から~30日間は利息ゼロ。
・主婦やアルバイトも申込みOK。

一般的な流れは、、
お申込み ⇒ 本人確認資料の提出 ⇒ 仮審査OK ⇒ 本審査OK ⇒ 手続き完了メール到着 ⇒ 借入可能という流れになります。

秋田秀一

仮審査は最短60分で連絡されます。

\ PayPay銀行へのリンク /
PayPay銀行

PayPay銀行カードローンの前提:PayPay銀行に口座を開設していること

もちろん同時に口座開設を申込むことも可能です。
凄いのは、【最短即日口座開設】【カード不要でその日のうちにATMの利用ができる】という点です。

秋田秀一

PayPay銀行での口座開設のメリットを挙げてみました。

1.PayPayなどのキャッシュレス決済へチャージOK。(デビットカードもついてくる)
2.最短即日で口座開設。カード不要でその日のうちにATM利用可。
3.スマホだけですべての銀行サービスが利用可能。
4.ATM手数料、毎月1回はゼロ円。3万円以上なら何度でもゼロ円。
5.全国の提携ATM約95,000台。
6.15歳から審査OKで開設可。
7.法人・個人事業主の方にも手厚いサービスあり。
8.困った時のサポートも24時間オンラインでOK。

【出典:PayPay銀行のサイトより】
秋田秀一

これまで楽天銀行やみずほ銀行の口座から、宝くじ・ロト・トトビッグなどを購入していた人は、次からはPayPay銀行で買えるように、新規の口座開設するのもアリかと思います。

【PayPay銀行のその他の魅力的なサービス】
・PayPay銀行の口座から、宝くじ(ロト・ナンバーズ)が購入できる+当選金が振込まれる。
・スポーツくじ(トト・トトビッグ・その他)が購入できる+当選金が振込まれる。
・公営競技(JRA=中央競馬、地方競馬、ボートレース、競輪、オートレース)の投票ができる。

まとめ

PayPayの残高との便利な連携機能(自動的に不足分をカードローンから振替えてくれる機能)もあります。

もちろんカードレスでアプリを使って、入出金・借入が可能です。

秋田秀一

借り過ぎには注意しましょう。

【追伸】
カードローンの初回借入から30日間が利息なし!というのは思い切ったサービス・「売り」だと思います。

\ ネットバンクのカードローン一覧 /
ネットバンクのカードローン

ここまでありがとうございました。

元銀行支店長で最終経歴が個人ローン部門の部長職だった私がフォロー・応援・サポート

\ ミリオンロードマップ(限定会員さま) /
ミリオンロードマップ講座

ミリオンロードマップバナー画像
ミリオンロードマップ講座のイメージ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

地方銀行に約30年間勤務しました。支店長経験後の最終経歴は個人ローン関連部の部長職でした。定年後にコンサル・ネットビジネスで起業。

⇒ プロフィール

目次