即日融資も可能なノンバンク系のカードローン・キャッシング

ノンバンク系カードローンイメージ画像

普通の銀行のカードローンは、ノンバンク系の金融機関や保証会社との提携・連携で商品が作られています。

なので、銀行と提携先の保証会社やノンバンクという形で2段階での審査があります。ということは、、
審査期間が数日間かかってしまう、というマイナス面があります。

一方、ノンバンク系の金融機関(いわゆる消費者金融の会社)は、即日融資も可能となるスピード審査が売りとなっている場合もあります。

秋田秀一

なので、カードのブランドにこだわらないで、できるだけ早く「借りたい」という時にはノンバンク・消費者金融系のカードローン(キャッシング)を利用するのもアリです。

そもそも金利水準については、銀行とそんなに変わりません。
銀行で借りるにしてもだいたい15%前後の金利水準となることが普通ですから。

(ただし銀行は、給与振込や公共料金の自動引き落とし、あるいは住宅ローンなどがある場合には優遇で金利引き下げとなる場合もあります)

秋田秀一

2桁の金利水準というのは間違いなく大変です。なので、、
はやく残高をゼロに戻すという使い方を目指してください。

即日融資、または翌日融資を期待するなら「ノンバンク系・消費者金融会社系」がおすすめです。

【結論】
・即日融資や翌日融資を期待するなら、ノンバンク系・消費者金融会社系。
・ネットバンクでもそれに近いところとなると・・みんなの銀行PayPay銀行などがはやいかと思います。
(少ない金額=原則5万円なら、ローソン銀行も当日融資可能となっています)
(※ 上のリンクは個別の案内ページへのリンクです。直接、銀行のサイトに飛ぶものではありません)
・ただし、50万円超の借入となると、年収証明書を求めるケースが当たり前となりますので、事前に用意しておくことがスピードアップにつながります。

秋田秀一

元銀行支店長で最終経歴が個人ローン関連部門の部長職だった私が、わかりやすく解説します。ノンバンク系・消費者金融会社系のカードローンは、大手5社を案内しました。

ネットバンクにしても、地域の金融機関にしても(給与振込・公共料金の自動引き落とし・住宅ローンの有りでの優遇金利等を別にすれば)、メリット・デメリット一長一短なので、自分に相性の良さそうな先を選択するというのもアリだと思います。

返済予定日の変更(延滞・遅延する時)のやり方

本ページのランキングは【返済が遅れる時にサイト(会員ページ)から返済日をズラして欲しい】の登録ができるかどうか、を判断基準に入れて評価しました。

秋田秀一

できるところと、できないところがあります。
また、一定の日数を経過すると電話だけの対応になるところもあります。

ノンバンク系・消費者金融系のおすすめランキング

それとノンバンク系・消費者金融系の最大のメリットは【即日融資】です。
あとは、懸念材料として申込みの時に在籍確認などで周囲にバレるか、バレないか、ですね。

もし、時間の猶予があるなら=数日間の余裕が自分にあるならネットバンク(ネット銀行)のカードローンから選ぶのもアリです。(ネットバンクもはやい場合があります)

1位ゴールドのイメージ画像 第1位 アイフルのカードローン・キャッシング

【メリット・特徴】
青色チェックマーク アプリだけで完結。
青色チェックマーク 最短25分。
青色チェックマーク 最大800万円 金利:3.0%~18.0%

赤色チェックマーク 返済予定日の変更は、会員ページからの変更でも可。できない時は電話することになります。
※ 真摯な態度でお願いしてください。

\ アイフルへのリンク /
アイフル

秋田秀一

アイフルのカードローン・キャッシングについて個別に詳しく解説したページがこちらです。⇒ アイフルのカードローン・キャッシング

2位シルバーのイメージ画像 第2位 プロミスのカードローン・キャッシング

【メリット・特徴】
青色チェックマーク WEBで契約まで可能。
青色チェックマーク 最短25分
青色チェックマーク 最高500万円 金利:4.5%~17.8%

赤色チェックマーク 返済予定日の変更は、会員ページからの変更登録でも可。できない時は電話することになります。
※ 真摯な態度でお願いしてください。

\ プロミスへのリンク /
プロミス

秋田秀一

プロミスのカードローン・キャッシングについて個別に詳しく解説したページがこちらです。⇒ プロミスのカードローン・キャッシング

3位ブロンズのイメージ画像 第3位 アコムのカードローン・キャッシング

【メリット・特徴】
青色チェックマーク カードを作らずWEB完結。
青色チェックマーク 最短30分。
青色チェックマーク 最高800万円 金利:3.0%~18.0%

赤色チェックマーク 返済予定日の変更は、基本的に電話での相談になります。
※ 真摯な態度でお願いしてください。

\ アコムへのリンク /
アコム

5社【5選】簡単比較表

秋田秀一

正直、金額が50万円超の時は収入証明書等の提出(アップロード)がありますから、書類の用意具合によっては、翌日融資とか翌々日融資となることを理解しておいた方がいいかと思います。

在籍確認の勤務先への電話は当初の申込み時に希望すれば、原則かかってきません。(例外あり)

最短融資?返済遅延の時はじめての利息0円
モビット最短30分(審査結果)サイト・アプリから変更の登録
または電話で相談
アイフル最短25分融資も可サイトから予定日変更の登録
または電話で相談
30日間
プロミス最短25分融資も可サイトから予定日変更の登録
または電話で相談
30日間
アコム最短30分融資も可電話で振込可能な日を相談30日間
レイクALSA最短25分融資も可サイトから予定日変更の登録
または電話で相談
60日間

ノンバンク系・消費者金融会社系【5選】

ノンバンク系・消費者金融会社系のカードローン・キャッシング【5選】

銀行系、クレジットカード会社系、ノンバンク系・消費者金融会社系・・
いずれにしても2桁の金利水準は「高い」ということを意識しておいてください。

できるだけ早く、ゼロに戻す、そしてやむを得ない時だけ利用する、という使い方を心掛けることをおすすめします。

モビット

\ モビットへのリンク /
モビット

秋田秀一

モビットはSMBCコンシューマー・ファイナンスグループです。
同グループにはプロミスもあります。別ブランドです。
より詳しい案内ページ ⇒ モビットのカードローン・キャッシング

【モビットのカードローン・キャッシングの概要】
・金額:1万円~800万円
・金利:3.0%~18.0%
・毎月返済:借入後残高スライド元利定額返済方式

\ モビットのカードローン・キャッシングの案内(再掲)/
モビットのカードローン・キャッシング

アイフル

\ アイフルへのリンク /
アイフル

秋田秀一

アイフルは独立系のノンバンク系・消費者金融系の会社です。
より詳しい案内ページ ⇒ アイフルのカードローン・キャッシング

【アイフルのカードローン・キャッシングの概要】
・金額:1万円~800万円
・金利:3.0%~18.0%
・毎月返済:返済方法は6つ。借入後残高スライド元利定額返済方式
⇒ 毎月4,000円~96,000円(残高によって変わります)

\ アイフルのカードローン・キャッシングの案内(再掲)/
アイフルのカードローン・キャッシング

プロミス

\ プロミスへのリンク /
プロミス

秋田秀一

来店、申込み書類の提出は一切不要。面倒な書類の記入も不要です。
※アプリで簡単に提出できる形になっています。
より詳しい案内ページ ⇒ プロミスのカードローン・キャッシング

【プロミスのカードローン・キャッシングの概要】
・金額:~500万円
・金利:4.5%~17.8%
・毎月返済:残高スライド元利定額返済方式

\ プロミスのカードローン・キャッシングの案内(再掲)/
プロミスのカードローン・キャッシング

アコム

\ アコムへのリンク /
アコム

秋田秀一

より詳しい案内ページ ⇒ アコムのカードローン・キャッシング

【アコムのカードローン・キャッシングの概要】
・金額:10万円~800万円
・金利:3.0%~18.0%
・毎月返済:5つの方法あり。銀行引き落としされなかった時は他の方法で自分で返済。

\ アコムのカードローン・キャッシングの案内(再掲)/
アコムのカードローン・キャッシング

レイクALSA

\ レイクALSAへのリンク /
レイクALSA

秋田秀一

即日融資のスピード感がハンパじゃないです。最短25分融資。
より詳しい案内ページ ⇒ レイクALSAのカードローン・キャッシング

【レイクALSAのカードローン・キャッシングの概要】
・金額:10万円~500万円
・金利:4.5%~18.0%
・毎月返済:2つの方法あり。毎月4,000円~(前月の利用残高等で変わります)

\ レイクALSAのカードローン・キャッシングの案内(再掲)/
レイクALSAのカードローン・キャッシング

まとめ

銀行やクレジットカード会社系のカードローンやキャッシングに比べて、ノンバンク系・消費者金融系は金利水準が高い、というイメージがあるかと思います。

間違いではないと思います。

ただ、何回も言っていますが普通の銀行・金融機関の個人ローン商品(特にカードローンやフリーローンなど)は、保証会社と提携・連携して商品開発しています。

一次審査=保証会社・ノンバンク・消費者金融会社、二次審査=銀行・金融機関というスタイルを採用しているところがほとんどです。

審査が二段階ということ、保証会社に保証してもらうための保証料、といった点を考慮すると・・
⇒ 銀行であっても普通に金利が高くなるのが普通です。

なので、ノンバンク系・消費者金融系のカードローン・キャッシングに申込みする時は、あまりそこまで金利にこだわらなくてもいいかと思います。

それよりも、、

秋田秀一

できるだけはやく残高をゼロに戻す、かつ、必要な時だけ・やむをえない時だけ使う、という利用方法を心掛けることの方が大切です。
そして・・できるだけ使わない、ということです。

なので地域の銀行系・ネットバンク系、ノンバンク系・消費者金融系にかかわらず、できるだけ所有するカードローンの枚数は ⇒ すべてのカードローン・キャッシングをあわせても・・⇒

秋田秀一

ぜひ1枚だけせいぜい2枚までしか(作らない)使わない、という強い思いで人生を創造してください。

もし、相談ごとがありましたら遠慮なくご相談ください。
TOPページのカードローン大百科をダウンロードされた方には【無料】で、秘密厳守で、個別のご相談をお受けいたしております。

カードローン大百科ダウンロードの公式LINEからメッセージください。

ここまでありがとうございました。

カードローン大百科 

元銀行支店長で最終経歴が個人ローン部門の部長職だった私がフォロー・応援・サポート

\ ミリオンロードマップ(限定会員さま) /
ミリオンロードマップ講座

ミリオンロードマップバナー画像
ミリオンロードマップ講座のイメージ